ダイナースクラブ
ブラックカードやプレミアムカード

日記

日本におけるダイナースクラブカード

ダイナースブラックカードやプレミアムアメックス等の情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ダイナースクラブ より>

日本におけるダイナースクラブ
日本においては、シティカードジャパン株式会社(CCJ)がダイナースクラブに関する事業を行っている。

歴史
日本交通公社と旧富士銀行が共同で、1960年に「日本ダイナースクラブ」を設立した(日本でのクレジットカード発行企業としては、丸井に次いで2番目で、クレジットカード企業としては日本初)。

その当初から1990年代のバブル景気時点まで、日本に居住する外国人や日本人の富裕層(入会資格として自家保有の役職者-外資系企業や大企業の管理職や医師・弁護士、一定以上の規模の企業の経営者など-で一定の年収が有る者)を主なカード会員(客層)にして事業を行っていた為、入会のハードルが多少緩くなった現在でも、一般的なゴールドカード以上の上級カードとして認識されている。

2000年のシティコープによる買収によって、日本ダイナースも「シティコープダイナースクラブジャパン」に社名変更し、予ての出資会社であったJTBや富士銀行等との提携関係やサービスは薄れ、外資系らしい国際色豊かな新たなサービスを導入して行く。その後2004年12月13日に会社分割しCCJが事業を承継した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。